abechankun’s diary

政治、経済、世界、音楽、芸術、芸能、社会、ニュースにツッコミます

沈みゆく泥船自民党を小泉進次郎、藤川優里は救えるか?

たちあがれ日本」が結党されましたが、どうも大きな流れ
にはなりそうにないようです。(*^_^*)


民主党の「政治と金」「普天間移設問題」・・
もろもろの敵失にも関わらず自民党の支持率が一向にあがらな
い。


2大政党制を目指していた小沢さんもびっくりの自民党の崩壊
現象(*^_^*)


人事刷新とかなんとか騒いでいる若手議員がいるようだが、
そんなことしても、支持率など回復しないだろう。


自民党は終わった党」の感が国民の間で広がっているような
雰囲気です。生理的に受け付けない感じさえする。


まず、何が気持ち悪いかといえば、国会やテレビの討論番組で
「バラマキ」「政治と金」を追及するも、自分達も散々やって
きたことなので、説得力が無い。

泥棒が泥棒行為を糾弾するようなもの(*^_^*)


一般企業ならばとっくの昔に倒産しているような財政状況を
作りだした税金ムダ使いシステム「紐付き補助金」、「天下り
斡旋仲介」、「特別会計」、「官製談合」、「随意契約」など
知っていてなにも出来なかった自民党


民主から政権を奪取したとしても、これらのムダ使いシステム
を無くせるのか?このことについては自民党は何も明確な発言
をしていませんし、元の木阿弥になる可能性1,000%!!(*^_^*)


900兆円を超えた赤字の責任について、自民党は誰も謝罪しない。


総理にしたい人ランキングN0.1の舛添さんに至っては「国民の
責任」と断言した(もっとも最近はこの発言は封印しているよう
ですが・・・)。


そして、最近では、日本航空の問題でも過去の失政について、
自民党は誰も、責任取ろうとしないし、言及しようともしない。


さらに、密約問題。国民に嘘ついたのは明らかなのに、誰ひとり
として、国民に謝罪しようとしない。


なにひとつスッキリしない。こんな気持ち悪い自民党にもう一度
任せようなんて考える方がおかしい。


自民党を支持するのは、過去何らかの便益を貰っていた人たち
や、風が吹けば簡単になびく無党派層、さらには「純ちゃ~ん!!」
フリークの進次郎ファン、さらには青森の「美しすぎる市議」投票
藤川優里さんに投票したオタクしかいないだろう。(*^_^*)

「福島の乱」で沖縄から基地が無くなるか?

早々と泥船から逃げ出した福島社民党


連立政権から離脱した社民党であるが、
この離脱が意味するものとは何か?


「福島さん、よくやった!!」と全国から称賛の声が


届いているようです(*^_^*)


しかしながら、社民が政権離脱したといっても、
普天間問題は何も進展はしない。


つまり、この離脱は参院選選挙対策


間違いありません。


来たる参院選挙では民主はぼろ負けするというのが
一般的な予想。


「筋を通した」と言って称賛する人もいるようですが、
もしも、そんなことで、社民に投票するようなら、
日本は劇場型政治から一歩も出ていないことになります。


小泉劇場型政治に騙された人が沢山います。


ほとんどが無党派層です。

その無党派層がホームレスになってしまったのです。


郵政民営化すれば全てよくなる!!


と絶叫してみんな自民党に投票したらとんでもない
国になってしまったのです。


外交・防衛は筋論ではありません。


社民党の福島さんに、外務大臣を任命して米国との交渉
をやらせたとしても結局先送りで終わっていたでしょう。


今回鳩山さんも、余計な事いわなければこんな事にならなか
ったのに・・・


「鳩も泣かずば撃たれまい」


消防署の標語にこんなのがありました。


『火を付けた あなたの責任 最後まで』


今週中に辞任に追い込まれるかもしれません。


民主党政権の仕分けは誰がやるのか?


まさかの浜幸登場か?(*^_^*)

民主党の族議員を何とかしないと、一年後事業仕分け廃止決定事業全て復活するぞ!!

しかしこれだけ国民にフラストレーションを感じさせる
政権もない。


野党時代に政権取ったらやると主張してことをことごとく
やらない。


どころか自民党時代より後退させてしまっている。


ちゃんと説明しない。


外交もメチャクチャ。


首脳会談で官僚のペーパー読むな~!!


野党の頃に主張していた「政治主導」は無理だと分かったん
だったら、キチンと説明しろ!!


菅さん野党の頃に小泉政権を「やるやる詐欺」と揶揄して
喜んでいましたが、民主党


「できるできる詐欺」でした。


看板の「事業仕分け」もパフォーマンスが勇ましかったが、
開けてみれば、ゾンビ、先送り、無視の嵐。


なんの法的根拠も無いまま、権限も無いのだからあたり前の
話。


自民党族議員民主党族議員に選手交代しただけ。


メッキはすぐ剥がれる。


ちゃんと「事業仕分け」の法律を作って権限や罰則を持たせな
いと1年もしたら、廃止決定事業全て復活するぞ!!

全て国民が悪い

自民党の石原幹事長や石破政調会長民主党を追いつめ
るとアチコチで吠えまくっています。


しかし、自分たちの政策は全然言いません。


民主のオウンゴールが続いているのに、自民党支持率が
ほとんど上がらない。


ギャーギャー批判するだけですから当然です。


財源は消費税10%アップしか言ってませんからネ。


まあ、こうなったのも国民のせいですが、

戦後俯瞰してみますと、半世紀以上も自民党が続いた
のは、政権維持するために、税金をバラマイてきまし
た。


国民もそれに甘えて、自民党を支持してきました。


ところが、そろそろ限界になったところで、急に蛇口
を少し閉めたら、国民から下野させられてしまった。


そして、自民党よりもバラマく民主党に投票してみたら、
バラマクお金は無かった。


そして、民主党にダメ出しした国民は次に甘い汁を
吸わせてくれる政権を探している最中である。


ということでしょう。


国民が変わらないと何も変わりません。

なのに、低俗なニュース番組は政治家を責めてばかりだ。

思いきや、梨園エビちゃんニュースにほとんどの時間を
割いている。


国民のレベルの低さが如実に出ている。
(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

広告を非表示にする

国家詐欺の民主党、でも自民党は変わってない、一体どうしたらいいの?

国会軽視発言の柳田稔法相を解任しない方針を決めた、菅さんと
仙石さん。


ことごとく国民感情の逆なでする内閣は初めてではないでしょうか?


外交でのヒドさは内弁慶そのもの。


野党時代にガンガン自民党を責め立てていた菅さん。


野党時代のようにガンガン中国とロシアを責め立てればいいん
です。


戦争になんか絶対なりませんから。


中途半端なことやってるから他国にも日本人からもバカにされる
んです。


どうも総理になってからの菅さん、経済、外交音痴を内外に知らし
めてしまった。


わけのわからない、消費税アップは強い経済を作るなどと
いった変な学者の入れ知恵を丸飲みして発言したりと、幼稚で
ひどすぎる。


やればやるほど支持率がさがる負のスパイラル。


柳田大臣は野党から言われる前にスパッと切らないとダメです
よネ。


タイミングは完全に逸したから、本人に辞任させるしかない
です。


野党の時の主張を変えないで、スッキリやって下さいよ。


民主党が野党だったら今の自民党と同じように「辞任要求」
してるでしょう。


政権取ったら、立場が違う意見も変わるじゃ、国家詐欺です
ヨ。


かと言って、自民党の選択肢はありません。メンバー変わって
ないんですから何も変わっていませんからネ。

「Nature Boy(ネイチャーボーイ)」Archie Shepp Quartet(アーチーシェップカルテット) 1997年、異色のテナーサックス奏者の新境地!!

「Nature Boy(ネイチャーボーイ)」Archie Shepp Quartet(アーチーシェップカルテット) 1997年、異色のテナーサックス奏者の新境地!!


「Nature Boy」は1948年エデン・アーベ作詞作曲の今では
ジャズスタンダードとなった名曲。


アメリカ映画「緑色の髪をもった少年」の主題歌でもある。


ナットキンコール(p,vo)が歌い、ミリオンセラーとなった。


名曲ですから、やはり数々のアーチストによってカバーされています


フランク・シナトラマイルス・デイビスセリーヌ・ディオン
エラ・フィッツジェラルドジョーパス(g)、リズライト、
ナットキンコール、デビッド・ボウイジョージベンソン、
小曽根真..etc.


私は何故か、テナーサックス奏者のアーチーシェップの
「Nature Boy」が気に入っています。


「Nature Boy」自体、ボーカル中心にカバーされ、中高音の楽器
で奏でられるのですが、アーチーシェップは逆張りのテナー。


この意外性も去ることながら、結構、マッチしているところが
面白い。


アーチーシェップの吹き方は、スマートさからは程遠い、野武士
的なブロー。


「Nature Boy」の歌詞は、


遠いところからやってきた内気だが、知性的な少年と話しをした
時に、その少年は「人間が学ぶべきは簡単なこと。まず愛すれば、
自然と愛される」と・・・


そんな事言う少年いないと思いますがネ(*^_^*)

YouTube「Nature Boy(ネイチャーボーイ)」

仕事のできない甘利明元大臣、歳費返せ~

職員3,718人、予算5,822億円の巨大独立行政法人
雇用・能力開発機構」は自民党離党した渡辺喜美
元元行革担当大臣が頑張って、福田内閣のときに
私のしごと館」は廃止、他の組織も都道府県に
移管する方針が決められた。


ところが、麻生総理になってから、全部ひっくり
返され、全てそっくり温存されることになった。


組織は大きくなっていわゆる「焼け太り」。


官僚と族議員が結託して、ねじ込んだというのだ。


神奈川県には国の施設と県の施設が乱立して、
二重行政になって莫大な税金が無駄遣いされて
いるのだ。


官僚と族議員がズルいことをやることはわかって
いたが、党内基盤の弱い麻生総理はやらざるを得な
かったという。


もう一人の戦犯は神奈川県第13区(大和市座間市
海老名市、綾瀬市)から出た甘利明内閣府特命担当大臣
(規制改革/行政改革/公務員制度改革担当)。


そんな麻生総理を担いで大臣職に就いたものの、自分の
仕事の行政改革は大幅に後退させて喜んでる。


少なくともこの2人が断固とした決意と態度を持って、
方針を貫けばこんな結末にならなかったはずだと
渡辺喜美元行革担当大臣は憤りを隠さない。


自民党マニフェストには「ムダ一掃」を掲げているが
族議員が一杯の自民党では無理。


まずはやる気のない甘利明元大臣を落とすことからはじめ
ましょう!!