読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

abechankun’s diary

政治、経済、世界、音楽、芸術、芸能、社会、ニュースにツッコミます

仕事のできない甘利明元大臣、歳費返せ~

職員3,718人、予算5,822億円の巨大独立行政法人
雇用・能力開発機構」は自民党離党した渡辺喜美
元元行革担当大臣が頑張って、福田内閣のときに
私のしごと館」は廃止、他の組織も都道府県に
移管する方針が決められた。


ところが、麻生総理になってから、全部ひっくり
返され、全てそっくり温存されることになった。


組織は大きくなっていわゆる「焼け太り」。


官僚と族議員が結託して、ねじ込んだというのだ。


神奈川県には国の施設と県の施設が乱立して、
二重行政になって莫大な税金が無駄遣いされて
いるのだ。


官僚と族議員がズルいことをやることはわかって
いたが、党内基盤の弱い麻生総理はやらざるを得な
かったという。


もう一人の戦犯は神奈川県第13区(大和市座間市
海老名市、綾瀬市)から出た甘利明内閣府特命担当大臣
(規制改革/行政改革/公務員制度改革担当)。


そんな麻生総理を担いで大臣職に就いたものの、自分の
仕事の行政改革は大幅に後退させて喜んでる。


少なくともこの2人が断固とした決意と態度を持って、
方針を貫けばこんな結末にならなかったはずだと
渡辺喜美元行革担当大臣は憤りを隠さない。


自民党マニフェストには「ムダ一掃」を掲げているが
族議員が一杯の自民党では無理。


まずはやる気のない甘利明元大臣を落とすことからはじめ
ましょう!!