読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

abechankun’s diary

政治、経済、世界、音楽、芸術、芸能、社会、ニュースにツッコミます

「Nature Boy(ネイチャーボーイ)」Archie Shepp Quartet(アーチーシェップカルテット) 1997年、異色のテナーサックス奏者の新境地!!

「Nature Boy(ネイチャーボーイ)」Archie Shepp Quartet(アーチーシェップカルテット) 1997年、異色のテナーサックス奏者の新境地!!


「Nature Boy」は1948年エデン・アーベ作詞作曲の今では
ジャズスタンダードとなった名曲。


アメリカ映画「緑色の髪をもった少年」の主題歌でもある。


ナットキンコール(p,vo)が歌い、ミリオンセラーとなった。


名曲ですから、やはり数々のアーチストによってカバーされています


フランク・シナトラマイルス・デイビスセリーヌ・ディオン
エラ・フィッツジェラルドジョーパス(g)、リズライト、
ナットキンコール、デビッド・ボウイジョージベンソン、
小曽根真..etc.


私は何故か、テナーサックス奏者のアーチーシェップの
「Nature Boy」が気に入っています。


「Nature Boy」自体、ボーカル中心にカバーされ、中高音の楽器
で奏でられるのですが、アーチーシェップは逆張りのテナー。


この意外性も去ることながら、結構、マッチしているところが
面白い。


アーチーシェップの吹き方は、スマートさからは程遠い、野武士
的なブロー。


「Nature Boy」の歌詞は、


遠いところからやってきた内気だが、知性的な少年と話しをした
時に、その少年は「人間が学ぶべきは簡単なこと。まず愛すれば、
自然と愛される」と・・・


そんな事言う少年いないと思いますがネ(*^_^*)

YouTube「Nature Boy(ネイチャーボーイ)」